ソリューション
  • ホーム>ソリューション>インフラ
  • インフラ


    複合材料は、インフラ整備において、鋼鉄、コンクリート、木材など伝統的な材料より、優位性を示しています。複合材料は1種の新製品とソリューションで、メーカーが複合材料の長所を十分に利用することに役立ちます。取替原価は、橋梁構造、公用施設、電器部品、鉄筋コンクリートおよびその他サポート構造を含む各々のインフラ施設用モジュールを作るときに考える要素です。複合材料で作られた構造は、錆が発生しにくいため、耐腐食耐変質性、耐久性を備え、伝統的な材料と比べればコストダウンできます。高度な強度、軽量化、設計上の柔軟性耐候性により、政府機関と建設業者は逐次に複合材料を使い始めました。複合材料の利用を通じて、高い利益をもたらした上、優れた耐久性や再生可能を実現しました。いつも通りに、メーカーは恵柏新材の高品質の製品と技術に頼ることができます。恵柏新材は、インフラ建設市場において、難燃性エポキシ樹脂高性能エポキシ樹脂汎用エポキシ樹脂を備えています。